May. 6. 2010

GW in TOKYO ホテル・オークラ 『10カ国大使夫人のガーデニング』

およそガーデニングという柄じゃないのですが、
招待券をもらったので、今年で11回を迎えるホテル・オークラの名物企画、
10カ国大使夫人のガーデニング』を見に行ってきました。

これは、
ジャマイカ/フィリピン共和国/カンボジア王国/モロッコ王国
ノルウェー王国/サモア独立国/アメリカ合衆国
ギリシャ共和国/ヨルダン・ハシェミット王国/ブルガリア共和国

というなかなか渋い顔ぶれの10カ国の大使夫人によるガーデニングを
そのままホテル・オークラ平安の間に再現しているという、
なんともユニークな催しです。

当然ホテルの宴会場なので、
天井も、壁もある。

しかし、それをまったく感じさせない演出の妙で、
花の匂いやライティングに魅了されてしまいました。

鳥瞰虫瞰という言葉がありますが、
花に近づくとまるで自分が虫になったような気がして、
普段目にしない、目にしても意識しないような世界が広がっていて
クラクラしてしまいました。

ホテルというと、
宝飾業界でも催事に利用することがありますが、
空間の使い方で非日常をつくるという点では同じこと。

そこには様々な応用可能なヒントがありました。


また、すっかりガーデニングに目覚めたので、
夕食に調理したアボカドの種を、さっそく鉢の中に埋めてみました。

芽が出るのが楽しみです。
May. 6. 2010

GW in TOKYO 国立新美術館 『ルーシー・リー』展

point03_01_photo01.jpg
point03_01_photo04.jpg


素晴らしい晴天が続くゴールデンウィークですが、
皆様はどの様に過ごされましたか?

私は空いている都内でのんびりしていました。

4日には国立新美術館で開催されているルーシー・リー展に行ってきました。


私は陶芸についてまったくの専門外ですが、
彼女の人生と添うようにして変化していく作品から、
ルーシー・リーの生きてきた時代が見えてく るようで大変面白かったです。

特に円熟期に至って、
それまで幾つかの作品の中で示されてきた技法がすべて込められた
名品から立ち上がる、言いようの無い佇まいには、
とにかく感嘆してしまいました。

6月21日まで開催していますので、
一人の才能溢れる女性のクリエイティビティの変遷をたどることに
興味のある方には、ぜひおススメします。