March. 12. 2012

Everyday People

ようやくひと段落つきまして、少し平穏な日々がやってきました。

3月は海外出張もないので、個人的な「つながり愛」キャンペーンを実施しています。

普段すれ違ったりメールのやり取りをしたりする中で、「お、今度ランチでも」あるいは「飲みに行きましょうね!」
などと声をかけていた友人、諸先輩、社員のみんなと、ちょっと意識的に交流しているのです。

よく大企業の創業者の自叙伝を読んでいると、経営者とは孤独なものだ・・・などと書いてありますが、
私は生来寂しがり屋な性質なので、寡黙で威圧感のあるカリスマ経営者を目指すことは早くに諦め、
ヴァーティカルなウィークリースケジュールをテトリスの如く、隙間なく下から埋めていきます。

前職の上司、ベンチャー経営者、家業を継いだせがれ社長(年下)、野球音楽評論家、イクメン同志等々、
との四方山話の中で、新たなビジネスの糸口が見つかることがあります。

いや、正確に言えば、そういった各分野で活き活きとしている人たちの熱気に直面することで、
普段もやもやと考えていた断片が像を結び始め、背中を押されるという感じでしょうか。

仕事の話でも、子育て失敗談でも、危ない恋愛の話でも、
話の内容がポジティブであるかどうかではなく、
「どんなネガティブな話でもポジティブに話せること」の方が、
人を魅力的に見せるのではないかと思います。

2012年の3月は私にとって、
繁忙期にばらまいた種に、肥料と成長促進剤を振りかけてシェイクするような、そんな時期です。
そこからどんな芽が出て花が咲くのか、とても楽しみです。

* * *
が、自戒もこめてあまり肥料ばかりやり過ぎないように気をつけます。
栄養過多は枯れそうです。

* * * * * * 
このエントリーは家庭を大事にしてないことの言い訳ではありません。
テトリス棒待ちのごとく、ちゃんと週末の予定は空けていますのであしからず。

* * * * * * * * * 
ジュエリーつながり愛キャンペーン」も絶賛継続中ですので、
引き続きよろしくお願いいたします。