December. 10. 2012

今年もやります。オフサイト・ミーティング!

昨年の12月に実施したオフサイト・ミーティングですが、
予想通り、想像を上回る成果があがりましたので、
本年も継続的に実施することになりました。

12月14-15日の2日間、
今回は静岡県の海岸沿いの某所で行います。

今は各部署のみんなが、社内の様々な課題に対して、
日常業務の合間を縫っては膝を突き合わせ、PCとにらめっこをしつつ、
解法を見出すべく奮闘している真っ最中です。

普段は得意先に営業に出て行ったっきり帰ってこない人もデータを読み込み、
ダイヤモンドのインクルージョンをルーペチェックする人もパワーポイントを作り込みます。

多変量解析やデータマイニングとは無縁の部署の人が、
色々な数字を引っ張ってきて繋ぎ合わせ、仮説を立てるのをみているとワクワクしてきます。

これは穿った見方をすれば、
「売り上げをつくるのをそっちのけで、社内発表のための会議をやっている」という状態です。

けれど、たとえ数日分の売り上げとトレードオフであったとしても、
ここでみんなが、いま自分の立っている場所と未来のベクトルについて思いを巡らし、
また主体的にアクションを考える時間というのは代え難いものです。



ルパン三世でも、特攻野郎Aチームでも、
冴えたチームにはいつだってはじめに作戦があり、
また仮にその作戦を覆すような予想外の出来事があっても(大抵、ある)
各個人が独断で動く裁量と、あうんの呼吸でフォローアップする体制、
そして結果、全員が正しい方向へと動ける訓練/習慣が根付いています。

それは、とりもなおさず、彼らが「考えて行動する」チームだからです。

細やかに軌道修正をしながら、柔らかく的確に成すべきことにロックオンしていくことは、
小さなチームたる我々が、大きな会社に勝ることのできる有効な手段だと考えます。

そのためには、この準備段階こそが、実は来年の
当社が成果を上げるために最も必要な時間ではないかと思うのです。

今年も、発表の後には怒濤の忘年会が待ち受けています。

凝縮された2日間を経て、どんな心持ちになるのか、今からとても楽しみです。