June. 28. 2013

梅雨明け予想

ここ数日は、憂鬱な雨が続いていて
いよいよ夏に向けた梅雨の季節
本番!といった感じですね。

そんな中、気持ちがとっても晴れ晴れする
出来事があったので報告させて頂きます。

私が12歳のときに、母から譲り受けた指輪。
ボリューム感があり、地金のぷっくりとした形の上にさっぱりしたハートがデザインされた指輪。
長年使っていたせいで、傷だらけで
白くぼやけて見える程の状態。

その指輪を、先日職人さんにお願いをして
仕上げ直しをして頂きました。

キレイになるだろう!と思ってはいたものの、
傷も含めて指輪の歴史かな?と
自分に言い聞かせてきたところもあり
仕上がりを見るのが複雑な気持ちでした。

ところが、仕上がった指輪をみた瞬間の感動といったら!
これこそ、蘇ったというのだな!と
実感しました。

美しいものには敵いません。
まさか、あのぼんやりした子に私が反射して見えるなんて!

久々に晴れやかな気持ちになれた瞬間でした。

写真-1.JPG


 更に愛情が増すこと間違いなしの仕上げ直し。

鬱々とした季節に
ジュエリーを輝かせてスッキリしてみるのはいかがですか。
 
ちなみに
気象庁が発表している
関東地方の梅雨明け予想日は
平成25年7月21日ごろだそうです。
 
青空が広がる夏まではあともう少し。
 
 
角田
June. 26. 2013

しまう時に

まずはジュエリーを使った後についてです。

身に付けてお出かけした後、帰ってきてからジュエリーはどうしてますか?
きっとジュエリーボックスの様なものをお持ちでその中にしまっているかと思います。が、その前にほんの一拭きして下さい。

パールはお求めになる時にお店の方がしまう前には必ず乾いた布で表面を拭いて下さいね。と説明があると思いますが、ダイヤやカラーストーンのジュエリーも同じなんです。

表面についた汗や汚れはたまっていって、気がつくと
「買ったときはあんなにキラキラしてたのに...」
という事に。
そうなってしまうのを少しでも防ぐために「一拭き」欠かさずやってみてくださいね。

永井

June. 26. 2013

はじめまして

これから
カジタのブログの更新に参加していきます永井と申します。

私は営業部に所属していて、卸営業と販売会などを中心に仕事をしています。
また、現在お客様からのお問い合わせや修理品などの受付も担当しておりますので、電話などでお話しさせていただいた方もいらっしゃるかと思います

お客様から頻繁にお問い合わせを受ける日々のジュエリーの取り扱い方などを書いていきたいと思っています。

子供の笑顔と寝顔で、日々疲れを癒している子育て真っ最中の31才をどうぞよろしくお願いします。

永井

June. 19. 2013

香港予報

大雨の予報がでている東京を離れ、香港に向かっています。
到着地・香港の気候は最高気温36℃、最低気温28℃との予報がでています。

6月の香港は湿度も高く、決して過ごしやすいとは云い難いですが、
熱風が滞留している様な空気もまた、香港らしくて好きです。

さて、すっかり定着した当社の香港ジュエリーショー出展ですが、
いつもの海外チームに加えて、国内の営業本部長も同行し、
気合いの入り方がひと味違います。

今回は新しい顧客の開拓もさることながら、
この4年間で培ったリピーターのお客様との関係維持、
あるいは取引拡大というのが、大きなミッションだと考えています。

特に卸のビジネスの場合、当社の商品を仕入れていただいた会社に、
再度取引したいと思ってもらうためには、
その仕入れた商品が「すぐ売れた/儲かった」などの
分かりやすいメリットに直結していることは思いの外、重要です。

それに加えて「不具合がない/瑕疵がない」などの品質面での安心感が、
他社と比較した際、当社との継続的な取引に結びつきます。

その小さな取引の積み重ねによって、
信用という大きな柱を築いていかなくてはなりません。

また、こういったジュエリーショー会期中以外の時期に、
しっかりとコミュニケーションをとることも、
信用を育む上でのベースとなります。

国内では、長い歴史の中で、
先代・現社長・先輩社員たちが、
営々と株式会社梶田の信頼性を高めてくれました。

海外での顧客の創造にも、
商売の基本となるこうしたことを念頭に置き、
言語や文化の違いを超えて、
当社が生み出すジュエリーを広めていきたいと強く想っています。

梶田謙吾
成田発香港行きNH909便の機中にて
June. 14. 2013

思い出の詰まった立て爪のリング

角田(つのだ)です。

それでは、さっそくですが、今回は、
弊社に寄せられるリフォームのご相談についてご紹介します


弊社のリフォームで1番多いご相談、
それはおばあさまやお母様の立爪のエンゲージメントリングのリフォームです。

ダイヤモンドの輝きをより際立たせるために
高く作られた立爪。

「立派すぎて、普段遣いには気後れしてしまうし、
 高さがあるためにひっかかりが気になってしまう。」
というお声を多数頂きます。

思い出の詰まったリングをリフォームして
満足のいく気持ちでまた新たに身に着けて頂く。
ジュエリーが箪笥に眠っているよりも
人に身に着けてもらって輝いているジュエリーを想像すると
とても嬉しくなります。

私がいいな!と思った過去のリフォームは....

一粒ダイヤモンドのペンダントトップにリフォームすることによっ
 カジュアルダウンをしていつも大きな輝きを胸元に。
 (娘様のご結婚の際、〝新郎から頂いたエンゲージリングとセットに〟とプレゼントされたお母様もいらっしゃいました)

エンゲージリングに留まっていたダイヤモンドの他にメレーダイヤモンドをプラスしてあげることで
 より一層輝きの強い、華やかな指輪に。
 (高さをできるだけ低く作ることで指になじみやすい、しっくりくる指輪に)


2点とも通じていえることは
本当に気に入って頂けるデザインにリフォームすることで
ダイヤモンドの輝きがより一層増して見えることです。

もしも、眠っている指輪がございましたら
輝きを蘇らせてあげてはいかがでしょうか。

お気軽にご連絡を下さい。


角田
June. 14. 2013

よろしくお願いします。

ajisai.JPG

はじめまして。
 
この度、新しくブログを更新していく
入社3年目の角田(つのだ)奈穂です。

私は当社の中では、商品部に所属しており、
主にものづくりに携わっています。

そのような立場から株式会社梶田の紹介をできればと思っています。
 
私が携わっている
・リフォーム品や修理品
・オーダーメイドのブライダルリング
・これは!と思った美しい宝石について 等々
少しでもサービスページの内容がイメージしやすくなるよう
ざっくばらんに書かせて頂きます。
 
〝人をしあわせにするジュエリーを作る〟ことを
目指して日々仕事に励んでいます。
 
エネルギー源は、おいしい食べ物とお酒を飲むこと!

最近、会社のすぐ近くに北陸の美味しいお魚だけを
仕入れる居酒屋さんができて喜んでいます。

あとは音楽が好きで、くるりやceroのライブによく行きます。

若輩者ですが
どうぞよろしくお願いします。
 
角田
June. 13. 2013

当ブログのリニューアルについて

このサイトを2010年にリニューアルしてから、
はや3年が経過しました。

これまでは私(梶田謙吾)が気の向くままに書き記してきた
このブログですが、
そろそろ変化をつけたいなと考えていたところ、
もっと当社のこと、ジュエリーのことを知ってもらいたい!という
熱い想いを持った社員の数名から申し出があり、
次回より、持ち回り制で更新していくことになりました。

書き手の社員については、本人達のエントリーを通じて、
徐々にみなさんに知っていってもらえればと思います。

当社が扱っているカラーストーン同様に、
当社には様々な個性/色彩をもった仲間がいます。

よく見るとそれぞれに異なった輝き方をしますので、
ぜひ温かい目で見守って頂ければ幸いです。

では、次回よりお楽しみください!