October. 29. 2013

宝石について② エメラルド・ルビー・サファイア

みなさま、こんにちは永井です。

さて前回に引き続きまして宝石の取り扱い方について
ご説明をしていきたいと思います。
 

3.エメラルド
 
エメラルドはクレオパトラの愛した宝石としても有名で、
歴史的にも大昔から愛されてきた宝石です。
また、5月の誕生石ですので、ご存じの方、
ジュエリーをお持ちの方もいらっしゃると思います。
 
一般的に「貴石」と呼ばれる宝石の一つで、固く丈夫な宝石と
思ってらっしゃる方が多いのですが、
実は衝撃にはあまり強くない宝石なのです。
 
エメラルドは内包物と呼ばれる傷のようなものを含んでいることが多く
何かにぶつけるなどの衝撃を受けるとそこから欠けてしまうことがあります。
 というように書きますとなかなか使いにくくなってしまうかと思いますが、
気になるようでしたら、ペンダントやピアスなどリング以外のジュエリーで
お使いになって頂ければ比較的安心です。
 
また、リングも普段使いというよりもお出かけ用のジュエリーとして
ご愛用いただき、しまう時には他のジュエリーとはぶつからないように
分けてしまって頂ければ安心です。
 
4.ルビー・サファイア
 
それぞれルビーは7月、サファイアは9月の 誕生石ですので
この宝石もお持ちの方は多いと思います。
しかし、違う宝石をなぜ一緒に紹介するのか?
と思われた方は多いかと思われます。

実はこの二つの宝石は色が違うだけで同じ「コランダム」という鉱物なのです。
コランダムの中で赤いものをルビー、それ以外をサファイアといいます。
 
そして、このコランダムは宝石の中でもとても優秀な宝石なのです。

傷の付きにくさであるモース硬度は「9」と、ダイアモンドの次に固く、
さらに欠けなどに対する強さも宝石の中でも非常に強い方に部類されます。
したがって、日常使って頂くのに最も適した宝石の一つといえます。
 
ジュエリーに慣れた方で普段ずっとつけっぱなしにしているという方が
いらっしゃいますが、そういう方には是非、このルビー・サファイアの
ジュエリーを使って頂きたいと思います。
 
とは、言っても無敵ではありませんので強い衝撃を受ければ欠けることもあります。

手洗いなどの時には外していただいたりして少し気を使って頂ければ
より安心して使って頂けます。
 
 
今回は3種の宝石をご紹介いたしました。
ご不明な点などございましたら、何なりとお問い合わせより
ご質問くださいませ。

永井
October. 19. 2013

時を越えた指輪

先日、お客さまの大切な
指輪をリフォームさせて頂きました。


もともと、とてもクラシカルなデザインで
歴史ある指輪によくみられる宝石の石座に
高さがあるタイプのものでした。

『もっと普段使いできる指輪にしてほしい』という
お客さまのご要望から
デザインを描き起こし何度か打ち合わせをして
作り上げた指輪がこちらの指輪です。

 

2013.10.19RG2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

宝石の美しさと
時間を越えてきたからこその重みを活かすべく
デザインはクラシカルかつジュエリーとして
とてもスタンダードなタイプにしました。


その狙い通り、
側面からみても職人の技術が光る
美しい普遍性のあるジュエリーとなりました。

 

お客さまにも大変喜んでいただけて
私にとってとてもやりがいを感じられた仕事となりました。

私も、いつかこういったジュエリーらしい指輪を持ちたいなぁ....と胸をときめかせています。


 


角田