September. 9. 2014

フォントのふしぎ


読書の秋になりました。

素敵な本に出会うとすごく得をしたような気持ちになることは

みなさんもあると思います。

今回はちょっと素敵な本にであったのでご紹介します。

小林 章さん という書体デザイナーの方の書いた

「フォントのふしぎ」 
ー ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?ー
      小林 章著  美術出版社

RIMG0033.JPG

RIMG0044.JPG

きれいな写真がたくさんのっていて、ヨーロッパの、アメリカの

どこかの街角に立っているような気持ちにもなります。

書体デザイナーとうい職業の方がいるということも初めてしりました。

それぞれのアルファベットの間のスペースの本の小さな違いで

印象ががらっと変わったりする。


さて、当社のロゴをお見せします。

IMG_20140908_173954.jpg

こちらが20年ほど前につくった梶田マークとロゴです。

そして昨年つくったできたてほやほやの新しいロゴ

IMG_20140909_080512R1.jpg

このロゴを決める際にも、何案かデザイナーさんから提示された

ものから、みんなで選んだのですが、感じ方もそれぞれだったことを

思い出します。 改めて比べてみて 時代の流れを感じました。

Chiba