September. 17. 2015

I ♡ KAJITA



つい最近、アカトンボを見ました(^<^)
なんか、秋ですね・・・

秋のニオイって好きです。

秋刀魚も梨も、大好きです♡


そして、変な雲も発見しました(*_*)

IMG_1342.JPG

白龍のようでした。

何か良い事がある、前兆かな(*^_^*)と
勝手に思い込んでます。



話は、変わりますが・・・

KAJITAは、週始まりに朝礼があり、
まず、当番が気になっている事など・・・
3分ぐらいで話をします。
人前で、話をするのが、とても苦手な私は
毎回毎回、話のネタに困ってます(・_・;)

今週は、そんな私の朝礼当番でした・・・


皆さん、自分が好きですか?

私は、以前より自分が好きになりました♡
KAJITAに入社して、色んな人に出逢い、
色んな仕事を通して沢山の経験を積ませていただきました。
目標を見つけて、達成した時の充実感などにより
少しずつですが、自信が持てるようになってきました。

もっともっと、好きになりたいです。


なんだか、何が言いたいのか、わからない内容に
なってしまい・・・スミマセン。
毎回毎回、朝礼当番は緊張してしまってます。


こんな緊張した気持ちをほぐす写真があります。

IMG_1263.JPG

買い物途中に見つけました♡
左は何でしょうか?
しかし、癒されます♡ なんなんでしょう、足。
暑い日で、バテバテだったみたいでした。


IMG_1323.JPG


                                                             yanagisawa
September. 9. 2015

はじめまして

今年の4月からの新入社員安田です。

先週に引き続き新入りの初ブログです。

 

誕生から23年間広島で過ごしてきました。

広島には街と呼ばれるような場所は広島市内だけで、東京に比べるととてものどかなところです。

写真は広島の実家の屋上からの景色と家から徒歩30分山を登って見える景色です。

なにかもやもやした時、インフルエンザにかかって気分を良くしたい時などはここでぼんやりして回復してました。

 IMG_3566.JPG

私の部屋から徒歩10秒の屋上

IMG_4239.JPG

徒歩30分で山の山頂近くまで登れます。



次に今住んでいる市川の名展望台からの景色です。

こちらでも心休まる場所をひとつ確保できました。

 IMG_4553.JPG

今年は初めてのことばかりです。

初親離れ、初一人暮らし、初仕事。

ジュエリーに関しても全くの素人なので、環境の変化は大きいですが、こんな場所で落ち着きをもちながら着々といろんなことに取り組んでいきたいと思います。

 

 

September. 1. 2015

新しいチャレンジ(愛妻弁当編)

今年1月に入社した新人の梶田菜美と申します。(といっても32歳、社会人10年目です)
社員ブログ初登場です、どうぞよろしくお願いします!

突然ですが、皆さんは最近何か「新しいチャレンジ」しましたか?
ちょっとしたことでも、何か新しいことを始めると発見や成長がありますよね。
私はそんな切り口でブログを書きたいと思います。

***
私は今年4月に結婚したばかりの新米奥さんです。
まだ主人とはラブラブ(o^^o)♪なので、最近愛妻弁当を作り始めました。

私は元々食べることが大好きなこともあり、お料理は趣味のひとつです。
「お弁当作りは初めてだけど、お料理は得意だし何の問題もない!」と始める時は自信満々でした。

しかしながら実際に作ってみると、お弁当作りの奥深さと難しさに大変驚くことになるわけです。

<私が感じたお弁当作りの難しさランキング>
1位 空間の制限
通常のお料理は、お料理の量に合わせてお皿を選びます。しかし、当たり前のことですがお弁当は「お弁当箱」という限られた空間の中でお料理をきれいに、隙間なく埋めなければならないのが物凄く大変です。
2位 品数
例えば夜ご飯はカレーとサラダだけ!とか生姜焼きとご飯だけ!でも完結するのですが、お弁当の場合はなかなかそういう訳にはいかず、品数が必要で特に忙しい朝は大変です。
3位 彩り
通常のお料理でも彩りは意識しますが、お弁当の場合はその重要性をより意識せざるを得ません。働き盛りの主人がモリモリ食べられるお弁当を作ると必然的にお肉(茶色)が多くなります。
食べ応えと彩りはトレードオフの関係にあるわけです。つらい・・・。

短時間でこういったたくさんの課題を解決しながらお弁当を作らなければなりません。
朝6時の台所は戦場と化し、私は物凄い集中力の中作業を進めます。
主人はその必死な状況を知ってか知らずか、布団にくるまってスヤスヤと眠っています。

さて、苦労しながらもお弁当作りを初めてから3週間程が経ちました。
少しずつコツをつかみ始め、先ほどご紹介した3つの難しさも少しずつ自分なりに解決し始めました。

こちらが成長した私が作ったお弁当の例です。

【うなぎ弁当】

うなぎ.JPG

【三色弁当】
三色.JPG

【焼きそば弁当】
やきそば.JPG

【カレーチャーハン弁当】

かれちゃー.JPG


「週末の作り置き」「冷凍食品の活用」「プチトマトの導入」により、私のお弁当作りは劇的に進化しました。日曜日には翌週のお弁当に入れたいお料理の材料を買っておき、日持ちするものは作り置きします。冷凍食品は抵抗があったのですが、1回のお弁当に1品という決まりで使用することにしました。冷凍いんげんや冷凍枝豆は隙間を埋めるのに最適です!私自身が学生の頃、お弁当に入ってると残してしまっていたプチトマト、今はその大切さが分かります。お弁当のマストアイテムです。

朝の忙しい時間に手際よくお弁当を準備するのも、最近では少しずつ楽しくなってきました。
段取りを考えるのが好きな私には向いているようです。
これからも喜んでもらえる美味しいお弁当を楽しく作りたいなと思います。


仕事に家事に忙しい女性の皆さん、共に頑張りましょう!


梶田菜美