July. 20. 2017

大英自然史博物館展

上野の国立科学博物館で開催していた
大英自然史博物館展に行ってきました

今回は同館の誇る8000万点の収集標本の中から
世界的にも貴重なコレクション約370点を選りすぐり
一堂に展示していました

出品された展示品は動植物、化石、鉱物など多岐に渡り
全てが日本初公開ということで
見学をとても楽しみにしていました

化石のコーナーでは<始祖鳥>が化石から復元されて
館内を動き出すといった
現実では起こりえない驚きの映像表現がありました





ガラスのマダコ.jpgのサムネール画像


ガラス製のタコは19世紀後半にガラス工芸家のブラシュカ父子によって
大英自然史博物館の為に作られたものです

極めて精巧に作られたこのガラス模型は
美しいのはもとより
生物が生きている時の色彩を保存するという科学的な価値をもっているそうです






31.5ctの青

このサファイアは大英自然史博物館のもととなった
ハンス・スローン卿のコレクションの中でも
最も美しく深い色合いをしていると言われています


ローズカットで仕上げられたサファイアのまわりには
エメラルドとルビーがセットされています

マハラジャのターバン飾りだったこのサファイアの大きさと深い色
洗練されたデザインはとてもきれいでした


博物館は面白いですよ!