January. 18. 2018

POP職人の朝は早い

あけましておめでとうございます!
今年も株式会社梶田をどうぞよろしくお願いいたします。

と、いいつつすでに1月も半ばですが、
梶田では毎年1月は慌ただしい時期です。
というのもIJT(International Jewellery Tokyo)の準備に社員全員で奔走するから。

BtoBでは日本一の規模を誇る、ジュエリーの展示会です。


弊社は毎年ブース出展をしているのですが、
POPにかける熱意がやたら大きいのが弊社の特徴のひとつだと思っています。

カラーストーンの説明をしたり、デザインのこだわりを伝えたりと用途は様々ですが、
その枚数、内容へのこだわりは業界トップクラスなのではないでしょうか(主観です)
私も入社以来、膨大な量のPOPを作成してきました。

今日は、POPの作り方を応用した、
大きな看板の作り方を紹介しようと思います。

POP看板1.JPG

1 元データをきれいな紙に印刷します。これはA3サイズが2枚です。

POP看板2.JPG

2 不要部分を切り落とします。ここでいかにきれいに切るかがポイント!

POP看板3.JPG

POP看板4.JPG

3 紙がちょうど収まるハレパネを用意します。
ハレパネとは、片面に粘着機能のある厚手のボートです。

POP看板5.JPG

4 ハレパネを紙の形にザックリ合わせます。
ここでちゃんと合わせておくと廃棄するハレパネが少なくて済む上
端切れは再利用できます。

POP看板6.JPG

5 粘着面のシートをはがし、ハレパネに紙を貼り付けます。よれないように!

POP看板7.JPG

6 不要部分を切り落とします。斜めにならないように、垂直に切り込むのがポイント。
これでパーツが完成です。

POP看板8.JPG

7 先ほどの余った端切れを使い、2枚をジョイントします。

POP看板9.JPG

8 完成!!

POP看板10.JPG

2枚作りました。


この看板の「特別ご提供品」コーナー、
その名のとおり特別なご提供品をそろえていますので、
IJTにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。
目印はこの看板です。

横山