April. 19. 2018

冬季限定   スノーモンキー

今年は あっという間に サクラが 通り過ぎてしまった感じ しませんか

私も 六義園・皇居桜の通り抜けと 花見をしてきました 満足度 80%です

こんにちは 営業部  小林です


 皆さん スノーモンキー ご存知ですか?

長野県にあります 地獄谷野猿公苑  寒い冬には 温泉に入る事で知られています

最近では スノーモンキーとして 海外からの旅行者も観に来ています

私も 今回で 三回目になります・・・飽きずに よく行きますね 自分で言うのもなんですが

ツアーに応募して行きましたが 7割位が海外からの旅行者
日本人には あまり知られていないかもしれません

朝 7:30 新宿から そして 昼食を食べて いざ 野猿公苑へ

サル1.JPG
この日は快晴 しかし 寒いです バスが横付けになっている所から 徒歩です
・・・ 三回目となると 少し慣れてきますね?

サル2.JPG
雪もまだまだ積もってます ツララも  久しぶりに見ました

サル3.JPG
さあ ここから 山道を ひたすら 歩きます 25分とありますが なかなかです
雪道を歩くのは 至難の業 結構時間が かかります

サル4.JPG
道が狭く すれ違う時は注意します 谷底に (左側) 落ちてしまうかもしれません
外国人が やはり 多いです
サル5.JPG
だいぶ 近づいてきました 白煙をあげているあたりが 人間が入る 露天風呂です
入浴料は 確か ¥800だと 思います この付近から サルに 会える時も

サル6.JPG
 群れで水を このまわりにも かなりの サルが・・・います

サル7.JPG
露天風呂に 入ってますね 毛づくろいをしながら コミュニケーション 大事です
 いい湯だな・・・ チョツト気持ちが良すぎて のぼせ気味???

サル8.JPG
こっちを見ているのですが ここはサルのテリトリーです 人間は何もできません 
ただ見ているだけです
サル9.JPG
この 画像は 私の気に入っている ショットです


自然の環境ですから サルはいつ行っても 露天風呂に入っているとは限りません
水を怖がらない わずかな頭数しか・・・観ることができません

観てているだけでも 楽しくなります ただし ツアーですと 時間に制限がありますので
時間を気にしながら 癒されてみては どうでしょうか

野生のサルをこんなにも間近に見ることはほとんどありません


サル12.JPG
行くときは 防寒対策 お忘れなく

April. 11. 2018

ひきずり

こんにちは  田島です


昨年の12月   伊豆稲取港で  金目鯛の寿司を食べました
DSC_1834.jpg

新鮮だからこそ   産地だからこそ  食べれる美味しい寿司


口の中で   トロリと  溶けてゆく  金目鯛


また食べたいなと思い   行きました   伊豆へ


DSC_2090.jpg


西伊豆の松崎  「味正」   


ここにしかない  伊豆の味を食べに  


「金目鯛のひきずり 寿司」   ? ? ?  

どんな感じで   どうやって食べるのか・・・  


こんな告知が店に張ってありましたDSC_2092.jpg 

楽しみ  ふふっ

まずは   手毬寿司と金目鯛の煮付け  鉄板オーダー
DSC_2093.jpg

アンド

南鮪の  「とろカツ」
DSC_2095.jpg

衣サクサク  身はしっとり  ポン酢に大根おろしをいれて  たっぷりつけて


添えてある   ポテサラ  オヤジ殺しの演出


この三品で   感動と満足感は  満たされつつあります


さぁ  真打が登場します

DSC_2094.jpg

ひきずり


まずは シャリに山葵を適量オンして 下準備

次に 熱した甘辛い割りしたへ   切り身を  しゃぶしゃぶ

DSC_2097.jpg

厳かに   ひきずり出し   シャリへ   オン

DSC_2096.jpg

白髪ネギをトッピングして    口の中へ

フワトロの金目鯛もさることながら   絶妙に握られたシャリが  ほろけ

甘辛い割りしたとの混ざり具合は    鼻息が荒くなるばかり


嗚呼    旨い!


切り身の引きずり具合を   レア目  ミディアム目  ウエルダン目と

試しましたが    どれも旨かったぁ


すべてリーズナブルなお値段です   ビックリしますよ  本当


ややマイナーイメージの西伊豆ですが 


ロケーションも素敵  食べ物も素敵  


はまりました西伊豆  近々再訪の予定