May. 18. 2010

「全宝協」によるダイヤ鑑定かさ上げ問題について

5月15日に大手宝石鑑定会社「全国宝石学協会」(全宝協、東京都台東区)が、業界の基準よりダイヤモンドを甘く鑑定していた疑いが毎日新聞の報道で明らかになりました。

当社でも、ジュエリー業界の信頼の根幹を揺さぶる問題として、大変な衝撃をもって今回の報道を受け止めています。

しかし株式会社梶田は消費者の皆様にご購入頂いたジュエリーに関しては今までも、またこれからも、どんなことにでも責任を持って対応していくことをポリシーとしています。

今回のこの問題に関して言えば、過去に販売をしたダイヤモンドの中に「全宝協」で鑑定されたものが含まれていることは事実です。当社としては皆様方にご安心頂くために、これらのダイヤモンド製品について、ご要望があれば何時でも「全宝協」以外の鑑定機関で再度、鑑定書を発行させていただく所存です。

その場合には、ご連絡を頂き応対した社員にその旨を伝えて頂ければ、ご希望に沿うよう手配させていただきます。

当社は業界全体の信頼回復とジュエリーを安心して楽しめる環境づくりに、今後も一層の努力をして参ります。ぜひ消費者の皆様にもご理解を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社梶田 代表取締役社長 梶田行雄