スピネルは、市場での絶対量が少ないため、その名はあまり知られていないかもしれません。しかし、その色のりの良い赤やピンクの色は、ルビーと混同されるほど美しく、上質なルビーのように貴重な宝石であると言われています。 実は、レッドスピネルがルビーと違う鉱物であることは、18世紀まで明確になっておらず、それまで同一の鉱物として扱われていました。このため14世紀から英国王室の王冠を飾る「黒太子のルビー」が、ルビーではなくレッドスピネルであったという逸話も残っています。スピネルの名は、原石に正八面体をしているものがあるため、「棘、尖った先端」を意味するラテン語の「スピナ」に由来しています。


The absolute amount of SPINEL is rare and its name is little-known. The vivid red and pink of its color is very beautiful, so spinel is sometimes mistaken for a ruby, and people say that it is as precious as a good quality ruby.
Actually the fact is a red spinel is a different mineral from a ruby and that had not become clear until the 18th century, so the two minerals had been dealt with as the same up until that time. Because of these reasons, there is the anecdote the “ Ruby of Edward the ‘Black Prince’ ” which is shining in the Crown of the royal family in England since 14th century is not a ruby at all but a red spinel.
Since some raw stones of spinel are octahedron in shape, the name of SPINEL is derived from the Latin “SPINA” which means “ acantho and nib”.