今から2000年前にローマ人によって名付けられたアクアマリン。その語源は、ラテン語で「水」を表すアクアと「海」を表すマリンに由来し、「船乗りたちを守り、良い旅を約束する宝石」と言われています。また、アクアマリンを身につけると、激情を和らげ、沈着冷静になれるとも伝えられてきました。
アクアマリンは、明るい透明感のある青色のイメージが印象的ですが、実は、暗い照明下でさらに高い輝きを放つという性質もあるのです。そのため、昔から「夜の宝石の女王」と呼ばれ、ヨーロッパでは夜会服のためのジュエリーとしても珍重されてきました。
そして日本では、アクアマリンの清楚な雰囲気と涼しげな色味が映える、暖かい季節に身につけることが多いようです。


Two thousand years ago, AQUAMARINE was named by the Romans. The word is derived from Latin, AQUA which means” Water” and MARIN which means “Ocean”. Tradition says that it is “a stone which protects mariners and promises them a great journey”. It is said that if people wear an aquamarine, it will control their passions and give them a calm and reassuring manner.
Usually aquamarine makes us a big impression as a bright and clear blue color, but indeed it has a stronger character that it can emit stronger luminance under the dark lighting. Aquamarine has been called “the Queen of the night stone”, and in Europe it has been prized as jewelry for many evening events.
In Japan, people often wear it in warm seasons, for which the neat image and cool color of aquamarine match so much.